モギモギ BLOG

コロナに負けない免疫力

大船 黄土よもぎ蒸しサロン | 横浜 戸塚 鎌倉 藤沢 

順天堂大学医学部の小林弘幸教授によると、新型コロナウイルスに感染した人のうち、重症化した患者の血液中からは、免疫細胞であるT細胞が極端に減ってしまっていることがわかっているそうです。

特に「レギュラトリーT細胞」と「ヘルパーT細胞」の減少が目立つとのこと。

「ヘルパーT細胞」とは、免疫細胞の司令官の役割。
「レギュラトリーT細胞」とは、ウイルス に対処した免疫細胞に『 撤収』を呼びかける細胞です。

これらの免疫細胞が減少している状態では、ウイルス侵入による刺激反応が治まることなく、炎症状態が続いてしまう…。そのため、重症化に至ってしまうのでないかと考えられています。

新型コロナウイルスで亡くなる方の多くは、肥満症、糖尿病、高血圧などの基礎疾患を抱える患者。このような方は、レギュラトリーT細胞がもともと減少または機能が低下しており、そもそもコロナウイルス侵入による炎症を治めにくい状態にあると考えられるそうです。

こうした重症化の仕組みから、新型コロナへの対処においては、外からの感染予防のみならず、自らの身体を”健康”に保ち、レギュラトリーT細胞を含む免疫細胞が適切に活動できるような免疫力を維持することが非常に重要である、ということなのです。

やはり免疫力が大事のようです。
腸を温めて、免疫力を高める努力を続けましょう。

~究極の温活~
癒し&デトックス&体質改善

黄土よもぎ蒸しサロン
mogimogi-モギモギ–

大船駅西口より徒歩3分!
連絡先:syner2292@gmail.com
ご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP