モギモギ BLOG

Asucaのこだわり〜黄土座器と黄土壺〜

大船 黄土よもぎ蒸しサロン | 横浜 戸塚 鎌倉 藤沢 


Asucaの座器と壺は、黄土100%

よもぎ蒸しの座器には、プラスティック・木・黄土があります。
よもぎ蒸しの発祥は韓国ですが、その韓国でも、よもぎ蒸しに用いられている座器は、木が主流のようです。

黄土の座器は、Asucaが初めて作りました。ですから、黄土座器の発祥は日本ということになります。

黄土はヨーロッパや世界各地でも確認されていますが、中でも朝鮮半島に存在する黄土は、地震が少ない地域のため、長い年月蓄積されてきた中で、熟成され、有用な微生物が働き、酵素とミネラルを含んだ宝石のような土だそうです。

黄土は60度以上で加熱すると、遠赤外線を多量に発します。その量は、普通の土の80倍だと言われています。

遠赤外線は、赤外線の中で最も人体に一番有益な波長を持っています。肌の深層部にまで浸透して体を温め、血液をアルカリ性に変え、肉体と精神の緊張をほぐす効果を持っています。また、有毒物質や老廃物を汗と一緒に排出を促す効果も持っています。

このような優れた黄土ですが、黄土で壺や座器を作るには、通常、陶器や琺瑯にも使われる「釉薬(うわぐすり)」(化学物質)を焼く前に表面に塗って強度を保ちます。

Asucaは、直接肌に触れる座器へのこだわりを追求し、型ではなく職人さんの手作業による技術によって強度を生み、釉薬を使わずに低温で焼く素焼きで作られています。韓国で採れる黄土の中で質の良い黄土を選び、ひとつひとつ丁寧に成形し、1週間陰干しします。その後、1週間登り窯で焼きあげます。さらに紙やすりで磨き、また1週間陰干しし、1週間登り窯で再度焼いて、やっと完成します。

Asucaの黄土座器は、最高品質。
座っているだけで、とっても身体に良いんです。

作り手の熱い熱い想いを、
黄土が放つエネルギーを、
座って、感じてください☆

~究極の温活~
癒し&デトックス&体質改善

黄土よもぎ蒸しサロン
mogimogi-モギモギ–

大船駅西口より徒歩3分!
tel:070-6458-7140
ご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP