モギモギ BLOG

生理には布ナプキンを

大船 黄土よもぎ蒸しサロン | 横浜 戸塚 鎌倉 藤沢 (子連れOK  出張OK )


紙オムツ、生理用紙ナプキン、タンポンには、殺菌効果のために漂白剤の使用が薬事法で義務付けられています。

(布ナプキンや布おむつは、漂白剤を使用していないので、医薬部外品として販売することは出来ません。)

紙オムツや生理用紙ナプキンの性器にあたる部分の内側には、吸収促進剤である高分子ポリマー、消臭剤である香料など、石油を原料とした化学物質で作られたものがほとんど、と言われています。

性器は角質層がとても薄く、吸収率が高いので、有毒な物質が直接触れれば、体内に毒素を吸収している可能性があります。卵巣や精巣、へその緒からダイオキシンが検出されているのは、塩素系漂白剤の経皮吸収によるものではないか、とも言われています。私自身、経皮吸収について全てを信じているわけではなく、、正直に言いますと、例えば、「羊水からシャンプーの匂いがする」という話は半信半疑だったりします。

でも、自分が、使い捨ての紙ナプキンから布ナプキンに変えて以来、生理痛が激減したことは事実で、体感出来たことなので、自信を持って人に伝えられます。途中、海外旅行先でやむを得ず紙ナプキンを買い使用した時期だけ、再び重い生理痛がやってきていたので、それ以来、“生理痛は子宮の悲鳴“だと思っています。

布ナプキンって面倒そう・・・と感じている人は結構いると思います。私も使うまでは、そう思っていたので。

でも使ってみると、意外に面倒ではないんです。

私のお勧めのお手入れ方法は、、

「セスキ炭酸ソーダ」での洗浄です!

セスキは、ドラッグストアの重層の横に並んで売っています。

うちではセスキを使って、とにかく色んな家事をしているので、大容量袋で購入しています。

セスキは、重層と炭酸ソーダの中間のようなものです。重層よりも水に溶けやすく、洗浄力は重層の10倍。弱アルカリ性の環境にもやさしい無機物で、重層と同様、お風呂に入れることもできます。

汚れた布ナプキンを、さっと水洗いしたあと、少量のセスキを溶かした水に浸け置きしておくだけです。

そのうち、サロンでも布ナプキンの販売が出来たら、と思っています☆

出張OK♪ 子連れOK♪
~究極の温活~
癒し&デトックス&体質改善

黄土よもぎ蒸しサロン
mogimogi-モギモギ–

大船駅西口より徒歩3分!
tel:070-6458-7140
ご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP