モギモギ BLOG

自宅で冷えとり 蒟蒻湿布とは

大船 黄土よもぎ蒸しサロン | 横浜 戸塚 鎌倉 藤沢 

蒟蒻芋は、3年土の中で育って、やっと出来るそうです。

3年もの月日をかけて大地のエネルギーをたっぷり吸いこんだ蒟蒻。

別名「砂払い」と言われ、身体の毒素を出したり、腸を整えて便通を良くしたり、「お腹のお掃除役」として昔から知られています。

その蒟蒻を使った温湿布は、蒟蒻の持つ自然の力が熱をしっかり抱き込み、内臓までしっかり熱を伝えるので、疲れた肝臓・腎臓などの臓器の機能を高めることができます。

(こたつやホッカイロの熱は身体の表面に作用するものなので、同様の効果を得ることはできません)

むくみやすい方は肝臓・腎臓を手当てすると良いです。

腰痛や生理痛の方は、腰を温湿布します。

腹痛のときはお腹を温めましょう。

蒟蒻さえあればいつでもできます。

驚くべき効果がある蒟蒻湿布を、是非お試しください。

蒟蒻湿布の方法は次回のブログで☆

※mogimogiで蒟蒻温湿布をご体験されてみたい方は、お電話の事前予約で承ります。

(30分1000円)

(よもぎ蒸しとのセットで出張も可)

~究極の温活~
癒し&デトックス&体質改善

黄土よもぎ蒸しサロン
mogimogi-モギモギ–

大船駅西口より徒歩3分!
tel:070-6458-7140
ご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP